So-net無料ブログ作成
映画 小川の辺 あらすじ ブログトップ

映画 小川の辺 あらすじ [映画 小川の辺 あらすじ]

映画小川の辺のあらすじです。

藩から上意討ちの命を受けた戌井朔之助。
狙う相手・佐久間森衛の妻が妹・田鶴だったことから、朔之助は肉親の情愛と藩命の間で苦悩する。
田鶴自身が剣術遣いでもあり、もし刃向かえば彼は妹を斬らなくてはいけない…。
その朔之助が佐久間を探す道中に付き従うのは、戌井家に仕える若党の新蔵。
彼は朔之助や田鶴とは兄弟同然に育った仲で、田鶴には主従関係以上の思いを抱いていた。
妹を思う朔之助と、愛する人を死なせたくない新蔵。
二人の男の心情は、田鶴との再会によって臨界点を迎える――。
この映画 小川の辺も山形が舞台ですよね。
原作者藤沢周平の故郷の山形への思い入れは強いですね。

【送料無料】藤沢周平の山形



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画 小川の辺 あらすじ ブログトップ
おやじのテレビ観戦日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。