So-net無料ブログ作成
検索選択
JIN 仁 原作から予想される最終回あらすじ ブログトップ

JIN 仁 原作から予想される最終回あらすじ [JIN 仁 原作から予想される最終回あらすじ]

JIN 仁の原作から予想される最終回あらすじを書きました。
俺はこの世界で何をすべきなのか!?という仁の問いかけに、「答えは江戸で見つけている、我等は同じ船に乗っている。さあ行こう!四海兄弟ぜよ!」と頭の中の龍馬が答える。
仁は江戸時代に龍馬の血液や脳脊髄液を眼球に浴び、それ以来龍馬の声が聞こえるようになった事を思い出す。

龍馬の体内の何らかの伝達物質が眼球を通じて仁の体内に入り込み、仁の脳に龍馬の記憶や人格が転移されという仮説を立てるが、科学的に証明できない。
そういった疑問にはあまり深入りすることはなく、我等は同じ船に乗っているという竜馬の声に従い、仁はアジア・アフリカの医療過疎地へ医師として派遣される道を選ぶ。
ネパール、ザンビア、ジンバブエ、タンザニアの地で総合診療(GM)を目指し、ありとあらゆる患者を診察し、治療に当たる。

そして2010年夏―ナイジェリアから帰国した仁は仁友堂病院で学会の準備をする。
ちなみに現在の肩書きは『総合救急医療部部長 准教授』。
空いた時間にPCを開き仁友堂病院の歴史をそっと確認し、チーム仁友堂を懐かしむ仁。
派遣された医療過疎地で出会った子供たちの笑顔。
それは江戸の人たちの底抜けの笑顔と重なり、仁の心にいつも救いをもたらした。

想いにふけっているところに面会の約束をした、パリ大学医学部のGMドクター・マリー『ルロン』が現れます。
突然龍馬が仁の脳裏で叫ぶ『野風じゃ!』動揺してジタバタする仁。
堅物の仁だが、思わずルロンさんをお茶に誘う。
ルロン先生は日本語ぺらぺらで、気が合うのか初対面なのに『結構年齢いっちゃっててバツ一なんです』なんて事も言う。
そして『わたしの四代前のおばあさんは日本人…ノカゼ』と言った。

突然咲さんとの祝言の様子が見えた仁。
それを祝福する江戸の仲間たちの様子。
嬉恥ずかしの初夜の様子までも目に映る。
ルロン先生はデジャヴにとらわれている。『初めて来た所なのに、ずっと昔に歩いたことがあるような・・・』

仁が答える。『歩いたことがあるんです、ここを。あなたの四代前のおばあさん、わたしたちのご先祖さまがね・・・』江戸の神田川沿いの土手を歩く仁、咲、野風、龍馬の光景が鮮やかに甦り、そして『完結』。
 
★5000円以上購入で送料無料!全商品ポイント3倍★【新刊漫画】JIN 仁(ジン) (1〜20 全巻)コミック全巻セット 【新品】【smtb-ms】【送料無料】05P27May11



※こちらの商品は送料無料です!![中古] 漫画全巻セット!JIN−仁− (1〜20巻 完結)【中古】



【楽天ポイント3倍】 【送料無料】【中古本】JIN −仁− (全20巻)漫画全巻セット【中古】



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
JIN 仁 原作から予想される最終回あらすじ ブログトップ
おやじのテレビ観戦日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。