So-net無料ブログ作成
検索選択

松尾愛和さん殺害の動機が恐ろしい [事件]

スポンサードリンク




松尾愛和さん.jpg

長崎佐世保市の高校一年生松尾愛和さん殺害事件で、殺人容疑で逮捕された女子生徒(16)が「人を殺してバラバラにしてみたかった。」という趣旨の供述をしていることが分かった。

女子生徒は過去に、小動物の解剖を繰り返すなどの問題行動があったといい、長崎地検などが精神鑑定を検討している。

県警によると、殺害された松尾愛和さん(15)は27日未明、女子生徒が一人で暮らす同市内のマンションの部屋で遺体でみつかった。

ベットのあおむけの状態で、頭部と左手首が切断されており、胴体部分にも刃物によるものとみられる複数の傷があったという。

室内からのこぎり(刃渡り約25センチ)や包丁、金属製のハンマー、首を絞めたとみられるひもが見つかった。

のこぎりはスレート切断用だった。

女子生徒と松尾愛和さんのトラブルは把握されていないといい、女子生徒は、「殴ってから首を絞めた。すべて私一人でやりました」などと淡々と取り調べに応じている。

謝罪や反省の言葉はないという。

事件直前の26日には、松尾愛和さんと2人で、佐世保市内で買い物などを楽しんだと話している。

女の子一人で住んでるマンションに、のこぎり(刃渡り約25センチ)や包丁、金属製のハンマーがあったなんて・・・。

包丁は、料理に使うとしても・・・。

恐ろしい推理だが・・・。 松尾愛和さんが、女子生徒のマンションに遊びにくるとわかった段階で、殺人を計画していたのではないか?
そして、そのために必要な道具をそろえていたのではないか・・・。
女子生徒の、一学期の出席日数は3日だという。
面倒見のよい松尾愛和さんは、そんな女子生徒の遊び相手になったんじゃないだろうか?
私の推理がはずれていることを祈りたい。








スポンサードリンク



おやじのテレビ観戦日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。