So-net無料ブログ作成
検索選択

【動画あり】台風8号進路予想 [災害]

スポンサードリンク






【2014年7月5日18:00現在】
台風8号は海水温の非常に高い海上を進みながら、急速に発達しています。
台風を取り巻く積乱雲は密集しており、中心付近には眼も見え始めています。
7日は沖縄の南に達し、8日には非常に強い勢力で沖縄本島にかなり接近する見込みです。
沖縄や小笠原諸島では、すでに台風からのうねりが到達しているとみられ、あすは、沖縄­や奄美は大しけとなるため、高波に警戒が必要です。
さらに、8日夜には沖縄本島地方や宮古島地方で非常に強い風が吹く見込みで、予想される最大瞬間風速は、宮古島地方35メートル、沖縄本島地方と大東島地方、八重山地方30メートルで、風が強まる前の早めの台風対策が必要です。
予想される最大瞬間風速は65メートルで、これは車が横転したり、ブロック塀が倒壊したり、また電柱が傾くなど、いわば竜巻の襲来を受けるような烈風とも言えます。
今予想されているような沖縄本島のすぐ西側を通るようなコースを取れば、7月としてはもちろん、年間を通しても記録になるような大変な暴風に見舞われるおそれがあります。
いくら台風銀座の沖縄であっても、風に対しては最大級の警戒が必要となるでしょう。








スポンサードリンク



おやじのテレビ観戦日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。